このページでは、私が10余年に渡って集めてきた
ミニチュアの数々をご紹介します。

小さいが故に、収集しているといっても、飾ってしまっておく分には
さほど場所を取らないのがミニチュアのよいところ。
それでも年を追うごとに、博物館を開くまでとはいかなくても、
相当の点数が集まりました。
中には、ひとりで眺めているのが惜しいような作品も含まれています。

ドールハウスやミニチュアの世界は、ご存知ない方々にとっては
往々にして「ままごとあそび」と括られてしまう傾向があります。
小さくて可愛いから、イコール子供のおもちゃ・・・という訳では決してなく、
精巧なものほど制作には技術を要し、傾けられる時間や手間は
美術工芸品に匹敵するといっても過言ではありません。
美術品の収集や制作と等しいことなのに、
なかなか他人には自分の趣味を言えない
…という方々は(私も含めて)多いのではないでしょうか。

ここではあえて、作品の小ささを強調するような写真は撮っていません。
(例えばコインやマッチ棒を並べて、大きさを比べるとか…)
まずは大きさの概念なくご覧いただき、
それからお手元の定規でサイズを確認して下さい。
その精巧さ、素晴らしさに、きっと驚いていただけるでしょう・・・。