AKIRA'S WORKS (Snowdomes)

HOME  手作り スノードーム   A DAY IN THE LIFE


スノードーム美術館 寄贈作品
< A DAY IN THE LIFE ♯1 > 高さ78ミリ・プラスティック製フォトドーム(直径82ミリ)

ドイツKOZIOL社などから販売されているフォトスノードームを加工、
フィギュアを入れて、日常のヒトコマを表現してみました。
手作りスノードーム 画像 スノードーム美術館寄贈作品
手作りスノードーム 画像 スノードーム美術館寄贈作品
↓横から見るとこうなっています。
底の蓋を開けて写真を入れかえることが出来ます。
↓写真を差しかえた例。ちなみにここは
穂高の碌山(ろくさん)美術館です。

←古い映画のポスターを縮小したポストカードを入れてみました。ロードショーの興行看板を描いているみたいでしょう?

プライザーのこのフィギュア、どう生かそうか考えあぐねていたのですが、フォトスノードームを加工することを思いついたときは「やったね!」と自分自身に拍手喝采。


←こちらは、ロンドンの自然史博物館。アルバム未整理の旅行写真を活用。

車はGEORGIA缶コーヒーのオマケ、メルセデスベンツコレクションの350SL。スペースの都合で壁面にピッタリ接着しましたが、これじゃ助手席のドアが開きません(笑)。


←この小さな男の子、実は裏側の、ベビーカーを押す夫婦の子供なんです。看板屋さんのお仕事が面白そうなので、パパとママの先を行って、その筆さばきに見入っています。

ドーム内には、日差しを思わせるオーロララメを満たしました。木はKATOの樹木キット(広葉樹)を使用、スポンジの葉が散らないように、透明アクリル塗料でガッチリ固めてます。津川洋行のレンガ模様のプラペーパーと組み合わせて屋外を表現しました。

表現の幅が広がりそうです、フォトスノードーム。(2007.5)