AKIRA'S WORKS (Snowdomes)

HOME  手作り スノードーム   新江ノ島水族館シリーズ



< 新江ノ島水族館シリーズ >


2007年11月3日(土)〜2007年12月25日(火)、新江ノ島水族館で開催されている
「スノードーム展」開催期間中に合わせて、販売用に制作したオリジナルスノードームです。











< 相模湾大水槽 >

大きな水槽をぐるりと回りスロープを降りていく途中の丸い窓。

そこからのぞく水槽内は、凹レンズ効果でまるで自分自身が
海の中に踏み込んでいくような錯覚を覚えます。

ということは、水槽の向こうからこちら側を見ている
お魚さんたちの目には、凸レンズ効果で人間がとっても
大きく見えているのでは・・・?

 丸い窓の、あちら側とこちら側を、
フォトタイプの両面スノードームで表現してみました。
写真はお好みのものに差し替えることが可能です。(2007.10)









< ペンギンストーリー >

えのすいで開催されているショー「ペンギンストーリー」では、
水槽の中を泳ぎ回るペンギンの魅力を
トリーターさんが余すところなく紹介してくれます。

鳥が空を飛ぶがごとく、猛スピードで泳ぐ姿。
ドーム内に液体樹脂を流し込み、その一瞬を再現しました。

岩をトコトコよじ登って運動中のペンギン。
空を仰いで物思いにふけるペンギン。
いままさにドボンと水槽に飛び込もうとするペンギン。
飛び込み順番待ち中の子ペンギン・・・

あなたはどのペンギンさんがお気に入りですか?
(2007.10)















< SEA TURTLE TOURS 〜えのすい ウミガメ送迎船〜 >

ジブリ美術館の送迎をネコバスがやっているのなら、えのすいにも送迎船があったらいいんじゃない?
という思いつきのもとで作った作品。

シータートルツアーズが運営する、江ノ島⇔えのすい往復遊覧船。
それは、
大きな大きなウミガメ船
白波を立ててザブザブ泳ぐウミガメさんの背に乗って、湘南の風を受けながら新江ノ島水族館へ行こう!
(ただしゆっくり泳ぐので所要時間は未定です。だってカメだし。)

大好評につき、来春からは稲村ヶ崎⇔えのすいコースも運行決定です!
(って、フィクションですからね・・・念のため)。 
(2007.10)





< 貝殻島釣りツアー >

昭和の観光地のお土産物のような
貝殻細工をイメージして制作。

水族館で購入した
模様が美しい巻貝を島に見立て、
Nゲージのプライザーフィギュア
(高さ1cm)を上陸させました。

洞窟の釣り人の竿の先には
強い引きがあるみたい。

一方、ヤシの木陰の太公望は
引きに気付かず、うつらうつら。

しっかり大物を釣り上げて
自慢をしている輩もいます。

白波が打ち寄せる
険しい断崖のこの島は、
どうやら釣り人にとっては
この上ないパラダイスの
ようですね。
(2007.10)



















< SHELL ISLAND RESORT >

江ノ島の沖合いには、美しいヒオウギガイで出来ている
誰も知らない小さな島がある、という設定。

『貝殻島釣りツアーズ』同様の貝殻細工リバイバルシリーズ。
フィギュアはHOゲージです。(2007.10)






<販売風景>