AKIRA'S WORKS (Dollshouse&Miniatures)

これまでに作った作品の中から、
特に気に入っているものをご紹介します。
yahooオークションへの出品予定は、
NEWSで随時ご案内しています。





MINIATURES
※サイズはすべて実物のおよそ12分の1の縮尺で制作しています。

写真はサムネイル画像です。クリックすると拡大写真がご覧いただけます。

<お楽しみ御膳>
NEW!2004/8/29
美味しいものをちょっとずつ
食べたい、欲張りな願いを
かなえてくれる御膳です。

小鉢はすべて重箱から
取り出すことができます。
<焼き松茸>
NEW!2004/8/29
卓上コンロでじっくり焼くと、
いい香りが漂ってきます・・・。
樹脂粘土の松茸は表面を針で
引っかいて、菌糸感(?)を
出しました。
<WURST UND SCHINKEN>
NEW!2004/8/29
ヴルスト&シンケンとは
独語で「ソーセージとハム」。
様々な製法で作られ、
口当たりも風味もバラエティに
富んでいる日常食です。
<サンドイッチメイキング・2>
NEW!2004/8/29
バゲットやロールパンも
作ってみました。
サーモンやポークパテ、
卵にブルーベリージャムなど、
どんどん重ねてみたくなる!
<楕円のサラダボウル>
ボウルに見立てたのは
コート用の大ぶりな
木製アンティークボタン。
底を削って高さを整え、
樹脂粘土製のサラダを
盛り付けました。
<サンドイッチメイキング>

食パンは樹脂粘土と紙粘土を
混ぜて断面を引っかき、
表面のポソポソした質感を
出しました。
<2匹の雑種ネコ>

文房具屋で買った
ごく普通の白いモールを
ぐるぐる巻いて作成。
ちょっと固太りかニャー?
<ゴロゴロ三毛猫>

アラレもない姿でリラックス。
モデルはもちろん我が家の
飼い猫です。行儀悪ーい。
キラキラおメメは光るシールを
利用して表現。
<ちょこっとソーイングセット>

輸入物のチーズBOXに
カラフルな糸とハサミを収納。
梱包紐のスタンドは
木材を組み合わせて。
ハサミは取り出すことが
出来ます。
<Sweets Collection>

有名パティスリーの
春スイーツをミニチュアに。
詳しい説明は
こちらをどうぞ!

<動物パペットつきガム>

アクリルパイプの中で
樹脂粘土のガムが
コロコロ動きます。
ポップな動物の表情が
かわいい。
<お菓子のブーツ>

クリスマスといえばコレ!
ブーツの中に、
ジンジャーマンや動物クッキー・
キャンディケーンがぎっしり
詰まってます。
<クリスマスディナー>

家族4人で過ごす聖夜の
ディナーをイメージ。
チキンの照りはレジンを
かけて表現しました。
<ローストポーク>

アメリカ製のブタのまな板を
活かしたくて作りました。
ローストポークは本物さながらに
樹脂粘土をたこ糸で縛って
形を整えて作りました。
<タマゴとヒヨコ>

養鶏所のおじさんが
うっかり有精卵を混ぜちゃった?
キッチンで次々かえるヒヨコたち。
フライパンの中で遊ぶ
生存本能のないヒヨコちゃん・・・。

<クッキーメイキング>

力を入れて生地を伸ばしたり、
チョコチップを入れてゴムべらで
混ぜる様子を表現。
割れたタマゴにも注目。
<ピクニックバスケット>

ペーパーブレードで
作ったバスケットに、
カトラリーや手作り食材、
コーヒーポットをアレンジ。
バスケットは蝶番で
開閉可能。
<ソーイングボックス>

初期の作品。
ヒノキで作ったBOXは、
内側に赤い起毛紙を
貼り付けて。
 飾りボタンはピアスを
利用して作成。
<ぬいぐるみバスケット>

ペーパーブレードで
作ったバスケットに、
モールで作った
ぬいぐるみをつめて。
もちろんぬいぐるみは、
取り出し可能です。
<ウェルカムボード>

近所のDIYショップで
販売されていた商品を
12分の1サイズで再現。
鉢植えは取り替えが
可能です。
<ガムボールマシン>

市販のミニチュアグラスを
利用して制作。
中身のガムはコロコロ
動きます。
<カクテル>

プラ製グラスに
レジンを注いで。
一連の作品はカクテルの
専門書で研究し、制作に
取りかかりました。
<ドレッサー小物>

米国クリスボン社製の
キットを着色。
ハンドペイントで大好きな
マーガレット柄を
施しました。
<ドレッサー小物>

こちらは色柄違い。
けしの花をペイント
しました。
香水瓶は
スワロフスキービーズ。
<バスケット>

ペーパーブレードで作った
バスケット。
木製のフタには手描きの
マーガレット。
もちろん開閉します。
<とうもろこし>

樹脂粘土の実に、
ラフィアで皮とヒゲを
作りました。
    
      


 

BOX DOLL HOUSE  
※サイズはすべて実物のおよそ12分の1の縮尺で制作しています。

写真はサムネイル画像です。クリックすると拡大写真がご覧いただけます。

<COLLECTIBLES SHOP>

成美堂出版刊「ファイヤーキングと
アメリカン・アンティーク」を参考に制作。
市販のプラ製食器やガラスの器に
ハンドペイントを施しました。

小物は飾った数の2倍の種類と
量を作り、その中から、ショップの
オーナーの気分になって、お店に置く
商品選びや、飾り方にこだわりました。
↑作品正面。
前面に取り外しできる
プラ板を入れました。
↑クリスボン社製のカットグラスは
鏡張りの飾り棚に映えます。
大皿に見立てたのは
アンティークボタン。
↑左サイド。
什器も手製です。
↑右サイド。
黒いポットはお気に入り。
↑カップボードは
フェリシモのものをペイント。
キャニスターは
工具売り場で見つけた
パーツを着色。
ファイヤーキング独特の、
ジュードカラーに似た色の
塗料を見つけたことで
制作のインスピレーションが
湧きました。
↑絵付けの作業が
いちばん楽しかった!
チューリップのグラスは
そのまんま、
ファイヤーキングのコピー。

 
 



 
FRAME SCENE
※サイズはすべて実物のおよそ12分の1の縮尺で制作しています。

写真はサムネイル画像です。クリックすると拡大写真がご覧いただけます。 

<キッチンの片隅>

市販の木製ワインラックをリメイクして作った
ワゴンを中心に、様々な食材を配して演出しました。
手前ではこぼれたチーズを狙って、
ネコとネズミがにらめっこをしています。
←ガラス瓶や
プラパーツを
組み合わせて作成。
輸入食品のラベルは
チラシから切り抜いて
貼りました
↑ハガキの2倍の
サイズの箱に
キッチン家具を
並べました。
↑シェルフには
買い置きの食材が
ギッシリ詰まって
います。
↑スタンプを押し
茶色のペンで文字を
書き込んで
 ワインの木箱の完成。
↑タイルトップは
プラ製の模型材料。
キャスターは
マップピンを塗装。
←ワゴンの
引き出しには
こんな
キッチンツールが
詰まっています。
←黒板には
ワインの産地が
書かれています。
←食材は
樹脂粘土と
レジンが主材料。
←ネコとネズミは
モールで作成。


 
写真はサムネイル画像です。クリックすると拡大写真がご覧いただけます。

<アングラーの肖像>

海と川では道具が
違うんだろうなと思いつつ、
深く考えずに小物をレイアウト。
肖像写真はアウトドアカタログからの
切り抜き。額縁はハガキサイズ



<アトリエ>

あるお店に置いていただいた
ものの、「不気味」という理由で
売れなかった作品。
自分の好きなもの=
売れるものではないという好例。



 
 
写真はサムネイル画像です。クリックすると拡大写真がご覧いただけます。


<BOYS ROOM>


ギターにバスケ、カメラにポップアートと、
とても多趣味な男の子の部屋の一角。
ガムボールマシンやバスケットボールといった、
可愛らしい小物が並ぶこの部屋の主は、
私自身の分身ともいえます。



←粘土で作った
キュートなビバンダム。


↓赤いワーゲンは
アクセサリーパーツ
を着色。
←前面には
取り外しできる
プラ板を
はめこんでます。


→斜め上から。
→文房具。
色鉛筆は爪楊枝を着色。


←地球儀のオブジェは
アクリルビーズに
絵を描きました。
→ゴム製の動物。その奥には
アンディ・ウォーホルの額。

 
写真はサムネイル画像です。クリックすると拡大写真がご覧いただけます。

<WEEKEND GARDENER>

村上一昭さんの本
「テディベアのドールハウス」
に載っていた、絵葉書を借景とした作品。
箱内部の側面にミラーシートを貼り、
景色に奥行を持たせています。
前面のアクリル版に好きな曲の
歌詞を書き込みました
(エニグマの「Return To Yourself」
ガーデニングとは何の関係もない…)。


<ワインとチーズのフレーム>

小さな額縁(65×75o)に、
ワインとグラス、
チーズボードをまとめました。
ワインは市販の量産品を
リペイントし、
手描きのラベルを貼りました。
 
 

 ※公開されているミニチュア・ドールハウスのデザインの模倣はしないで下さい。